お酒をつぐ

女子会にピッタリなお店を選ぼう|賢く利用して食事を楽しむ

土曜の丑の日は

グラスを持つ人々

関東風関西風の境界

うなぎの焼き方には関東風と関西風があります。関東風は、うなぎを背開きで白焼きにして蒸して再び焼くので、身がふっくら柔らかいのが特徴です。関西風は、腹開きで蒸さずに焼くため脂ののったパリッとした香ばしさがあるのが特徴です。どちらが良いか好みで分かれるところですが実は、関東風と関西風の違いについては明確な境界地点があったと言われています。関東風は浜松まで、関西風は豊橋までと言うのが一つの有力な説です。現在は東京でも関西風のうなぎを食べることができ、また逆に大阪で関東風のうなぎを食べることができますが、ひと昔前は境目があったと言われています。そういう歴史があってか、浜松は関東風関西風どちらのお店もたくさんあり、お店の数自体も非常に多いので土曜の丑の日は浜松のうなぎに注目です。

変ったお店を探してみよう

浜松は、うなぎ屋さんがたくさんあります。かば焼きや白焼きだけでなく、ちょっと変わったメニューを出すお店もあります。例えば、うなぎに昆布出しのお茶をかけてお茶漬けで食べるお店やうなぎのお刺身を出すお店等です。このお刺身、他県ではなかなかお目にかかれないものです。なぜかというと、血抜きを丁寧にするのですがこの作業がなかなか難しく時間もかかるため、あまり他県に普及していないです。ただ、このお刺身は歯ごたえもあり絶品です。他には季節限定ですが、うなぎのたれを牡蠣にかけて食べる牡蠣丼を出すお店もあります。浜松はうなぎのお菓子も有名です。うなぎのお菓子の工場があって、見学することができます。浜松に来たら変わったお店に行くのも良いものです。